【呪術廻戦】壊相とは?術式の説明&背中の考察

スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク

【呪術廻戦】壊相とは?術式の説明&背中の考察をしていく!

 
・壊相とは?
・もとは受胎九相図という呪物
・その受胎九相図が受肉した結果、壊相が誕生した
・呪霊側(敵)にも呪術師側(味方)にもついているわけでもない
・行動原理は「兄弟のため」
・前述した通り、なによりも「兄弟思い」なキャラである
・使う術式は「蝕爛腐術」
・民俗学から背中のコンプレックスを考察する

 

壊相とは? もとは受胎九相図という呪物から受肉した存在

 

引用:芥見下々「呪術廻戦」

 

壊相の生い立ちは妊婦への実験によって生み出した特級呪物である、呪胎九相図の二番が受肉し生まれたというものです。

 

じゃあ受胎九相図ってなんぞやって話ですが、

明治のはじめ呪霊の子を孕む特異体質の娘がいた。
呪霊と人間の混血。異形の子。
見に覚えのない懐妊に始まり、親類縁者からの風当たりは常軌を逸し、
彼女は子の亡骸を抱え山向の寺へと駆け込む
その寺は呪術師が開いたものだったが、その時点で彼女の運は尽きてしまう
加茂憲倫
多くの呪物文化財とともに史上最悪の呪術師として名を残す御三家の汚点
彼の知的好奇心は呪霊と人間の間に生まれた子の虜となる
九度の懐妊、九度の堕胎
それらがどのように行われ、その結果彼女がどうなったのか、一切の記録は破棄されている

つまり受胎九相図とは呪霊と人間のハーフを産む女性によって、生み出されました。
その以来、生命を止め害をなさないという縛りをもって、存在の維持に努めていました。

 

悲惨な生い立ちではあるものの母親の記憶もなく、人間や呪術師に対しても特段恨みがある訳でもありません。

なので基本中立です。結局呪術師相手に戦うことになったわけですが、それも人間憎しというより、兄(腸相)の判断によるものです。

腸相が「兄弟にとって都合が良いから」と言ったのを聞いて呪霊側を胡散臭いと思いつつも兄に従いました。

 

壊相が兄に従ったのは「兄弟のため、兄弟が望むのであれば自分はそれに殉ずる」という信条があったからです。

 

引用:芥見下々「呪術廻戦」

壊相の兄:腸相とは?

呪胎九相図の一番が受肉し生まれた、同時期に受肉した弟に二番の壊相と三番の血塗がいます。
未受肉を併せると九番まであり、彼らを「弟たち」と呼んでいて兄弟の絆は強く、常に弟達に対して他の兄弟のために生きることを徹底させています。

また弟たちとは独自の能力でつながっており、兄弟の誰かが死んでしまうと怒りをあらわにするほど兄弟のことを大切に思っています。

 

腸相の誕生自体は百年以上前になりますが、受肉をして人の形になったのは最近になります。

 

戦闘では癖が少なくどんな状況にも対応できる赤血操術を使い高い実力を持っていますが、兄弟のことを想うあまり、侮辱されるとつい挑発に乗ってしまいます。

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

赤血操術は遠・中・近に対応できるバランスのいい術式だぜ

腸相のことを詳しく解説した記事はこちらです。

 

 

受肉したのが最近なので、戦闘経験が浅めです。
が状況が急激に変わっても対処できる対応力もあり、腸相の術式と相まって今では頼もしさを覚えます。

 

引用:芥見下々「呪術廻戦」

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

虎杖vs腸相戦in Toiletは映画のラストシーンを思わせる盛り上がりで大好きだぜ

 

壊相の弟:血塗とは?

 

壊相と同じ呪胎九相図の三男で、兄二人とは違い人型ではありません。
丸い胴体から手足が直に生えた、カエルのような体型をしており、青肌で顔の下に大きな2つ目の口がある呪霊らしい不気味な相貌をしています。

上の顔に表情は見られず眼球の無い目から常に血涙のようなものを垂れ流しています。
不気味な見かけによらずどこか間の抜けた言動が特徴的で、楽しいことが何より好きな享楽的な性格をしています。

背中を見られた壊相が虎杖に対して怒りをあらわにした際には虎杖と一緒に慌てるというシーンがあり見かけとは裏腹にコミカルな面もあります。
また腸相と壊相の二人の兄を「兄者」と呼んで心から慕っています。

 

壊相の術式 蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)

 

壊相の使う術式は浴びたり触れると激痛や腐蝕をする効果のある有毒な血液を使用して相手を攻撃するというものです。

浴びると腐蝕する有毒な血液を操作します。
ただ腐蝕するのはあくまで結果であって、術式本来の効果は分解。
分解の結果、腐蝕する、腐蝕するからダメージを追う、といった感じです。
少し浴びるだけなら死ぬほどの激痛で済むが、全身に浴びれば死ぬ可能性も。

 

・蝕爛腐術 極ノ番「翅王」(しょくらんふじゅつごくのばんしおう)

 

引用:芥見下々「呪術廻戦」

 

背中に噴出した血液で出来た蝶のような大きな羽を生やして、範囲内にいる敵に針のような血を伸ばして刺します。
血液で作った羽を使って飛ぶことが出来、自在に針のように血を伸ばして敵を追尾することも可能。

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

ただフィジカルモンスターの虎杖の足力には負けたぜ

 

・蝕爛腐術「朽」(しょくらんふじゅつきゅう)

 

引用:芥見下々「呪術廻戦」

 

対象の粘膜や傷口に壊相か血塗どちらかの血を取り込んで、どちらかが発動すれば侵入箇所から相手を腐蝕させる術式です。

 

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

ちなみに弟:血塗には兄(壊相)のように、血そのものに腐蝕効果はないぜ。
弟の場合は蝕爛腐術「朽」を発動することで、腐蝕が始まるぜ。

 

 

術式を発動している間は相手の身体に薔薇のような形をした紋様が浮き出てきます。
この術式発動から10分から15分ほどで相手を殺すことが出来、術式を発動さえしてしまえばほぼ勝ち確。
なので防ぐにはそもそも術式を発動させない以外の方法はありません。

 

1つこの術式の難点を言うとすれば翅王との同時発動が出来ない点でしょう。
朽を使用しているときに翅王を使用すると朽は強制的に解除されてしまうのが難点です。

 

民俗学から壊相の背中のコンプレックスを考察する

 

髪型はモヒカン。
筋肉質な裸体の上に蝶ネクタイ。
女性物のボディハーネスとTバック。

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

最初に登場したときは興奮したぜ笑

やべーキャラだって

 

 

この恰好とは相反して壊相の性格は基本的に紳士的で、敵であっても紳士的に振る舞います。
ただ壊相は背中を見られると口調が荒くなります。
背中に異臭を放つ不気味な顔があってそれを見られるのがコンプレックスになっていて見せるのを嫌っているためです。

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

奇抜な格好は、普通の服だと背中が蒸れるからだぜ。

 

ではなぜ背中を見てはいけないのか?
民俗学で有名な文言があります。
それが「見るなのタブー」
日本の神話や、聖書、海外神話など至るところで同様のエピソードが散見されます。
簡単に説明すると、振り返ってはならない、というもの。

 

禊を初めて行ったとされるのは、イザナギノミコト
黄泉の国(あの世)に行ってしまった妻、イザナミノミコトを連れ返すため、黄泉の国に乗り込みます。そして有名な「見るなのタブー」

黄泉の国の偉い人と交渉するイザナミノミコト。
彼女は夫に対して「交渉中は決して覗かないでくれ」と頼みます。
しかしイザナギノミコトは覗いてしまいます。

そこにはうじが湧き、肉がただれ、双眸には深い穴が開き、かつての面影は微塵もなくなってしまった妻がいました。

そして命からがら逃げてきたイザナギノミコトは”禊”を行います。

引用:【呪術廻戦】帳の意味を民俗学から読み解く

 

また、ギリシャ神話で登場する吟遊詩人オルフェウスでも同様のエピソードが存在します。
妻をなくし悲しみにくれたオルフェウスは冥界へ行き、妻を返すよう頼み込みます。
これに対し、冥界の王ハデスは「地上に着くまで、決して振り返ってはいけない」と条件を出します。
結局オルフェウスはあと少しのところで振り返ってしまい、妻は悲しみの表情を浮かべて再び冥界へと戻されてしまうのでした。

 

だいたい見るなと言われて見てしまうと、約束を破った人間は自身ののぞみが叶うことはありません。この場合だと妻をあの世から連れ戻す、というのぞみですね。

 

概念的には呪術廻戦の縛りにも通じるところがあるかもしれません。
自身へタブーと言う名の縛りを課して、その反動で自身を強化する。
壊相の場合は’コンプレックスである背中を見せない’という縛り。

 

引用:芥見下々「呪術廻戦」

 

ナナミン(七海建人)の時間外労働の縛りに似ていますね。
ナナミンは時間外労働はしたくない&時間内労働のうちは自ら呪力を制限することで、時間外になると呪力が増大するという縛りでした。

 

壊相の場合はコンプレックスの背中を見せたくない&蒸れるので露出高めな服を着ることで、縛りの効果を底上げするものだったかもしれません。

 

ベイビー・リトル
ベイビー・リトル

とはいえこれは個人の妄想であって、もう壊相は死んでしまった(?)ので真相は闇の中だぜ

 

呪術廻戦:壊相のまとめ

人間と呪霊のハーフである呪胎九相図の次男
受胎九相図は両面宿儺の指と同等か近しいレベルの特級呪物
兄・弟と同じく兄弟想い
壊相の使う術式は蝕爛腐術浴びると猛毒(結果毒なだけで、本来の効果は分解)
蝕爛腐術 極ノ番「翅王」。血を使い羽のように浮かび、また針のように敵を追尾できる
蝕爛腐術「朽」。付着させた血を使い、敵の体を分解していく術。
壊相の格好が奇抜なのは、背中が蒸れるため。
また背中はコンプレックスなので、見られると激怒する
背中を見るな、というのは一種の縛りかもしれない(非公式)

コメント

タイトルとURLをコピーしました