2020東京オリンピックに向けたパフォーマンスがすごすぎた!君が代すげえええ!




リオ閉会式中に、2020東京オリンピックに向けたパフォーマンス動画がユーチューブに上がっていました。もちろんNHKチャンネルで。NHKはリオオリンピックの動画をちょくちょく挙げていて、連日楽しませてくれました。振り返りたい人はNHKチャンネル見てみるといいよ。もちろん無料。チャンネルはこちら≪NHK公式

 

この東京オリンピックのパフォーマンスがよかった!!

 

動画はこちら。ブログじゃみれないようなのでユーチューブにれっつらごー。

 

圧倒的歌唱力によって歌い上げられた、君が代の底力。

 

まず国歌の君が代ってちゃんと歌えばすごい歌なんですね。
神秘さと荘厳さが同居しているすごい楽曲ですよこれ。運動会の最初とか歌ってた国歌は、国歌にして国歌にあらず。このパフォーマンスで歌われた君が代には思わずトリハダたちました。

 

低音パートがいい味出していたね。
そのおかげで主役の高音パートがよく活きていた。
ほんと素晴らしい!!
みんなも聞いて!!

歌の開始は1:37分ほどから。

 

ありがと

 

そんでもっていろんな国の言語で「ありがとう」をリンクいっぱいに映す演出ね。
感動した。サマーウォーズの「ボクのアカウントをどうぞ使ってください」のシーン思い出した。
あそこ弱いんだぁ。

 

I will not make it to Rio in time

 

その次に各競技の紹介を日本テイストでお送りするパートへ。
日本を象徴する各キャラクターや選手も交じってにぎやかな紹介動画に。

途中安倍っちが「I will not make it to Rio in time」と言います(言わないけど)
このままじゃリオに間に合わねえぜ!!ってことですね。

マリオ

 

動画見てもらえばわかりますけど、マリオとドラえもんのタッグのおかげで安倍っちは無事リオへ。

 

土管

 

設置された土管から本人が出てくるというど派手な演出。
嫌いじゃないぜ。遊び心を忘れない大人って素敵。

 

青森大学新体操部&振付はパフュームを手掛けるミキコ&音楽中田ヤスタカさん&総合プロデューサー椎名林檎さん

 

そのあとはAR(拡張現実)とダンスを融合させ、独特な空間を作り上げました。まさにクールジャパン。
近未来的な演技がSF好きのボクにとってはドツボですわ。

 

パフュームの振り付けを担当しているミキコさん考案のダンスなので、独特なところもいい。
ダンスを担当している内の20名は青森男子新体操部の人たち。全日本大学選手権では13連覇中だとか。強すぎる(笑)

 

そして手拍子のあとに流れるジャズ・ミュージック!!!
時間は9:05分ほどから。

 

このジャズミュージックかっこよすぎる!!
好きすぎる!!!!
うおおおおおおお!!!

 

 

……ふう。
いやー動画の最後まで楽しめた。
リオオリンピックも楽しんで見れました!
個人的に卓球が一番燃えたね。卓球苦手なんでおおーって気持ちで見ていたからかもしれませんが、いかんせんダブルスがかっこよかった。

 

リオ五輪、治安がやばいだの騒がれていましたけど、特に何事もなく終わってよかった。

 

話は戻って動画。
あと四年後だというのにいやおうなしに期待値が高まりますね。
いろいろと国内でもめてますけど、世界を代表して開催地となっているわけですから、中途半端なことにならないよう願っています。

 

あと四年後。短いようでたぶん一瞬ですよ。
なりたい自分になれるように、夢をかなえるために一緒に頑張りましょう。

 

北村克己さんのことを調べてからこういう気持ちが一層強くなりました。
記事はこちら。《腐った牛乳で気絶。死因は餓死。伝説のボディビルダー北村。なぜ命をかけて筋肉を大きくし続けたのか。》
まさに「人生は何事もなさぬにはあまりに長いが、何事かをなすにはあまりに短い」

*画像はすべて動画から