朝顔の種で洗脳した「埼玉少女誘拐事件」本当にアサガオの種に麻薬効果があるの?

「埼玉少女誘拐事件」事件概略

 

事件が起こったのは埼玉県朝霧市。そこで二年ぶりに少女(15)が保護された。
被告人は寺内樺風(24)。彼は二年にもわたって少女を監禁していた。
彼女は一度は逃げ出すものの、大人が取り合ってくれず、再び寺内被告の家に帰らざるを得なかった。

 

寺内被告は食事などに朝顔の種から抽出した麻薬成分を含むものを混ぜ、洗脳していった。
彼の犯行動機はただ一つ「女子中学生か女子高生を誘拐、監禁して社会から隔離しその変化を観察したい」
そのために麻薬を飲ませたり、繰り返し「私は捨てられた。帰る場所はない」など書かせたりした。つまり社会から隔離したかった。

 

A photo by Steven Wei. unsplash.com/photos/g-AklIvI1aI

 

アサガオの種に幻覚成分? 朝顔に麻薬の効果が本当にあるのか。

 

この事件でびっくりしたのは、なんといっても朝顔の種に麻薬の効果があるということ。
小学生時代、誰しも育てたことがある身近な植物・朝顔。その種に麻薬効果があるなんて、本当に驚きました。

 

結論から言うと確かにあるみたいです。
朝顔にもいろいろ種類があり、麻薬の効果があるのはチョウセン朝顔や西欧朝顔などが該当するようです。
麻薬で有名なLSD。ゲームの名前にもなっているほど有名な麻薬ですよね。LSDに中毒成分はなく、単なる幻覚剤です。ただし日本では麻薬指定されてますけどね。

 

そんなLSDと似た成分を持つのがLSAという成分。これが西欧朝顔に含まれています。
LSDの一割ほどしかLSAには効果がないといわれています。けれど摂取量を増やせば普通にトリップできるそう。最大12時間ほども連続して幻覚を見続けることも。

 

大量摂取したために失神したり、しばらく幻覚を見続けたり。パラノイア状態に陥ることもあります。
一割程度しか効果がないとはいえ、麻薬は麻薬。

 

ただ種のまま摂取すると腹痛や嘔吐などの体調不良などを引き起こします。
実際にこの事件でも、監禁されている少女はこのために体調を崩しています。

 

それを防ぐためにも西欧朝顔から幻覚を見せる成分であるLSAを抽出しないといけません。
これは普通にネットで調べれば出てきます。恐ろしい時代になったものです。

 




 

というわけで、あさがおには麻薬の効果があるわけです。
ボクは全然知りませんでしたけど、そういうのが詳しい人にはごく当たり前の知識なのかもしれません。
なんせ朝顔というちょー身近な植物ですからね。色々と便利なはずです。
2ちゃんにも朝顔でトリップする研究をするスレッドとかもあるみたいです。
他人の知的好奇心を止めることはできません。でもくれぐれもみなさん気をつけてください。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です