おすすめ ファッション 漫画

少年マガジンの新連載が面白い。「ランウェイで笑って」モデル×ファッションデザイナー。ひめドルの夢をぜひ

投稿日:

Pocket

 

最近のマガジンは正直そこまで好きじゃありませんでした。
もともと根っからのジャンプで育ってきた自分としては、背筋が震えるような熱い作品こそが好みだからです。

 

 

その点熱い漫画を描くことで定評のある、雷句誠さんのベクターボールを楽しみにしていたのですけどね。

 

連載終わったしね!!!
しかも続けられる余地はあったにも関わらず。
まあそれはもういいです。雷句さんも全力でやった結果でしょうし。

 

悩んだ苦悩の片りんが、ブログからでもわかりました。
文句も言いたい気持ちもありますが(単行本初版で持ってる。ぶっちゃけかなり楽しみにしてた)

 

次回作に期待するのみ!

 

詳しいことは雷句さんのブログを見てください。ガッシュのジオラマとかも紹介されていて、時間を忘れて見入ってました笑
リアルタイムで見ていなくても大体の事は把握できるはずです。

 

まあそんなこんなで、ボクのマガジン愛はもうほとんどなかったわけですよ。
フェアリーテイルも後数話で終わっちゃいますし。ジャンプが200万部切ったことでちょっと話題になりましたけど、それよりもこっちの方がやべえだろって正直思ってました。

 

 

少年サンデーの新連載は尖ってていい感じです。
メテオガール保安官エヴァンスのウソはかなりおすすめ。
その前からやっている新連載も面白いですし、確かに変革している感じはします。

 

 

話は戻して週刊少年マガジンへ。
今回紹介するのは26号から始まった新連載・「ランウェイで笑って」です。

 

 

 

 

 

マガジンの救世主たるか。「ランウェイで笑って」

 

表紙1

引用:週刊少年マガジン26号

 

 

「ランウェイで笑って」一話あらすじ

 

 

メインの登場人物は二人
一人はパリ・コレクションに強い羨望を抱く少女・藤戸 千雪。
彼女は幼少の頃から、父が経営するモデル事務所「ミルネージュ」に所属。

 

 

顔よしスタイルよし(小4で158センチ)。
千雪があこがれるパリコレに出るモデルは最低でも175センチはほしい。
順調にいけばそれを有に超す可能性がある、将来が有望なモデルだった。

 

 

が、身長はそのまま伸びることはなくストップ。
彼女は現在高校3年生。進路を決める岐路に立っていた。

 

 

もちろん夢はパリ・コレクションの舞台で活躍すること。
その夢をあきらめきれずにいた彼女。しかし二年前に所属していた「ミルネージュ」からクビ宣言。

 

夢から醒めるよう諭す両親の言葉や近しい人の言葉を拒絶した結果だった。

 

 

けれど彼女は全くそんな事を意に返さず、夢もあきらめず。
一度クビになった事務所に、再びオーディションを受けるといういい感じの図太さを発揮。

 

しずくさんが来てた服

引用:ランウェイで笑って

 

「ミルネージュ」から出た、初めてのパリコレモデルが着用した服を着て、オーディションに挑んだ千雪。

 

しかし一蹴されてしまう

 

「何そのヒール。身長をごまかすための履き方ほど醜いものはないわ。それにただ服が似合うだけのモデルなんてごまんといるの。

 

ショーモデルの仕事はあなたを見せるんじゃない。服を魅せるの。そのための身長。そのためのスタイル」

 

 

あなたにできるの? その恵まれないからだでう

引用:ランウェイで笑って

 

 

 

「あなたにできるの? その恵まれない身長で」

 

 

がつーんといいのをもらった千雪。
この時の千雪の表情がほんとよく描けてるんだこれが。
泣くわけでもなく憤るわけでもなく、ただただ顔をいびつにゆがませる。
本当に悔しい時ってこんな感じになりますよね。

 

 

そしてもう一人の主人公は都村 育人。幸薄そうなぱっつん男子。多分自分で切ってる。
家が貧乏で高校を出たら就職しようとしている苦労人。
体育祭の時白米ともやしの弁当を持ってきた本当の苦労人。幸せになってほしい。

 

別に無理して就職することないんだよ

引用:ランウェイで笑って

 

本当は服飾関係の仕事に就きたい。
が、下には妹が3人もいる。彼女らの将来の可能性を縮めたくはない。
だから育人が働き、お金の工面をしようとしていた。

 

服を作れ

引用:ランウェイで笑って

 

そんな折、育人はモデルの千雪と出会う。
同じような境遇にいる二人。夢はあるが、叶えたくても叶えられない場所にいる。
しかし一人は夢を諦めない行動力と、もう一人は確かな才能を持っていた。

 

才能はなーーー

引用:ランウェイで笑って

 

この二人が出会うことにより、欠片すら見えていなかった夢へと近づく物語。

 

 

とまあ簡単なあらすじを載せてみました。
一話の流れはこんな感じです。
もー何回も見直しちゃいましたね。一巻出たら買いますわ、ってくらい気に入ってます。

 

ふー!!

 

 

 

「ランウェイで笑って」ポイント

 

まず絵がうまい。

 

 

 

あなたにできるの? その恵まれないからだでう

引用:ランウェイで笑って

 

絵のきれいさもさることながら、表情もうまい。
特に千雪がショックを受けるシーンの表情がすごくいい。

 

 

性別を超えて千雪の事がわかった気がします。
本気でパリコレ目指しているんだって。

 

ちゃんと王道を抑えるセンス。大好き熱い展開

 

 

挫折・挑戦の熱い王道パターンがちゃんと入ってます。
個人的にただただ勝ち続ける主人公より、負けて悔しくてズタボロだけれど立ち上がる主人公の方が好きです。

 

だってそっちの方が熱いでしょ?
かっこいいでしょ?

 

 

ひろあか

引用:僕のヒーローアカデミア

 

画像はヒロアカですけどね。めっちゃ好きなシーン。ヒロアカは人の想いと主人公の成長・熱い展開が詰まった好きな漫画。

 

 

いろんな大人に触れて、けれど自分の考えを見つけ出す「ガンダムUC」みたいな話も好きですね。
誰かの期待や想いに応える物語も大好物です。

 

 

総じて主人公が成長する物語が好きです。

 

 

「ランウェイで笑って」も十分その素質を持っています。
最初から持っている人間ではなく、勝ち取る人間。
二人が出会うことにより、どんな化学反応が起こるのか楽しみです。

 

戯言。少し四月は君の嘘の片鱗を垣間見たような?

 

 

最初読んだときなぜか四月の君の嘘を思い浮かべたんですよね。
再度読み返した時は別に感じませんでしたし、その理由もさっぱりです。

 

そもそも一話の時点で作品の傾向は決められませんしね。
パリの舞台を目指すにしても、ライバルキャラを出して勝利・友情・努力のサイクルで回すのか、それとも二人の恋愛模様をメインに描いていくのか。現状ではそんな気配は微塵もありませんが、可能性がないとも言えませんよね。

 

タイトルの感じからそう思ったのか?
まあ完全にただの戯言ですので、気にしないでください。

 

まとめ

 

 

なんにせよ「ランウェイで笑って」は、一話が非常によくまとまっていて面白かったです。
完全に脇役やん? って方も活躍しましたしね。少年漫画の意味をよくわかってらっしゃる。
無駄なく必要な要素だけを選んだ、相当練りこまれた一話に感じました。

 

 

作者の力量なのか、編集者のアドバイスの賜物なのかわかりませんけどね。
素直にやべえほど面白い作品だな、ってのが一話の感想です。

 

 

気になった方はぜひどうぞご覧になってください。
気にってもらえたのなら、僕も嬉しいです。
連載しているのは週刊少年マガジンです。

 

 

番外編

 

ひめどる

 

これ見終わった後、ふとひめドル!!思いました。こちらは少年ジャンプで連載していました。

 

アイドルとヘアーデザイナーのお話です。舞台も学園都市っぽくて期待値マックスだったんですよ。

 

まあ打ち切りだったんすけどね……。へへへ。

 

 

今思うとやっぱりあんまり心動かされなかったかな?
よくも悪くも、読んでいる人の心が動かないと面白いとは思わないんですよね。
そこの部分がちょっと欠けていたのかもしれません。

 

 

でも好きな作品だったのは事実です。
「ランウェイで笑って」はその分続いてほしいなあなんて勝手に思っています。

-おすすめ, ファッション, 漫画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こち亀連載終了。同じジャンプ作家のリアクションは?

個人的には今年最大のニュースが飛び込んできました。 なんと2016年9月17日発売の42号のジャンプでこち亀の連載が終了することが発表されました。 子供のころ親戚の兄ちゃんからもらってはや数十年……。 …

売り切れまじか!イッタラのグラスが本当に綺麗で涼し気。赤字覚悟の安売りなのでいち早く注文しよう

  夏の季節に誕生日がある人はいるでしょうか。 ちなみに僕は8月生まれです。暑い日だったのを覚えています笑 あなたの大切な人のために、一風変わった贈りものをしてみませんか?       Co …

ポップ界の鬼才jakubi。おすすめ曲・メンバー・デビューアルバム等々を紹介する

またいいバンドを見つけちゃったんだよねー。もう音楽中毒かってくらい聞きまくってますよ。 ポップはポップなんだけどオリー・マーズともThe Vampsとも違う。なんだろう。どことなくジャズっぽいバンド。 …

9月公開のグランド・イリュージョン前作が面白い。スタイリッシュ×クライム×マジック

  9月1日公開の「グランド・イリュージョン見破られたトリック」 その前作にあたる、グランド・イリュージョン。前作は三年も前なので、「グランド・イリュージョン見破られたトリック」に前作がある …

ヤス×久米田康治タッグ新作!『なんくる姉さん』読んだよ。感想&面白い?

ヤスさんと久米田さんコンビの漫画が再び世に出ました! はい、このコンビはじょしらくのコンビですね。ブラックな久米田さんとかわいい絵柄のヤスさんコンビは互いに互いを刺激しあっていいと思っています。久米田 …